スポンサードリンク

2013年12月26日

第195回 ネタによる笑いの技術のトレーニング方法

おはようございます!超幸運サラリーマンの音多 秀茂(おんだ ひでしげ)です。


前回に続き、笑いの力をビジネスに応用する話しの続編です。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
サラリーマンの成功確率を高めるものの一つにビジネススキルがあります。

但し!闇雲にスキルを高めても、そのスキルを有効に使えなければ宝の
持ち腐れです。さらに取得に要した時間まで無駄にすることに・・・。

このビジネススキル編では、表面的なスキルではなく、職種を問わずに
広く使えるものをご紹介していきます。

そしてそのスキルを使い、どうすればビジネスでの成功(=収入アップ(出世))
に結び付けられるのかについて、ヒントを提供していきます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



人を笑わせる技術のうち、「ネタによるもの」と「日常会話によるもの」について、
具体的なトレーニング方法に入ります。



◆ネタによる笑いの技術のトレーニング方法


これはまず、お手本を見なければいけません。流れはこうです、


 ▼ 手本を見る ⇒ マネをする ⇒ 世間話で使う


『手本を見る』


まず、手本となるものはお笑いの動画です。今はネットでググれば
いくらでも出てきますし、欲しいものがあればTUTAYAからレンタルしたり、
AMAZONで購入してしまっても良いでしょう。


ここで注意! 手当たり次第に購入して、「ノウハウコレクター」にならない
こと。ノウハウコレクターとは、ノウハウを購入して満足してしまう人の
ことです。


入手するお手本は一つで十分ですから!


私のおススメは、

人志松本のすべらない話
http://amzn.to/1c78Txx

この、第一回だけで十分です。まずはこの手本となるものを繰り返し、
5回は見ましょう!


『マネをする』


それでは、次のステップマネをするです。


お笑い芸人のネタを繰り返し見ていると、途中から芸人の話の組立て
方に、色々と共通項が見つかるはずです。


例えば、



 ▼ オチへ持って行くまでの流れ、間、時間


 ▼ オチでの声の張り上げ方、身振りも使った盛り上げ方。


などなど。


これらの要点が分かったところで、あなた自身が過去に遭遇した、
特に ”不幸話し" や "トラブル” などを思い出し、ユーモア化します。


お笑い芸人の話し方を思い出しながらストーリーを組み立てましょう。


特に、これから世間話を使う上では、最近起こった出来事をネタにした
ほうがよいでしょう。

ストーリーが出来上がったら、実際に声とアクションをつけて練習です。
はじめは恥ずかしさもあると思うので、棒読みでも構いません。
徐々に、抑揚や声のボリュームを調整するようにしましょう。


あのぉ、ここまでは、実際に自分の手でやってみないと駄目ですからね。


『世間話で使う』


はい、お疲れ様でした。ここまでは、インプットの作業でした。ここから先は
アウトプットに入ります。


ストーリーが出来上がり、練習すると、不思議と自信も出てきて、誰かに
話したくなるものです。


そうなればしめたもの。仲の良い同僚や友人に、機会を見て話してみま
しょう。


その結果、もし相手を笑顔に出来たら、”おめでとうございます!!!”


その瞬間、あなたは相手に一つ幸せを提供したのです。


次回に続きます。



本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

この瞬間にこのブログを読んでいるあなたが世界で一番幸せになることを
心よりお祈りしております。
posted by 音多 秀茂(おんだ ひでしげ) at 19:52 | ビジネスのタネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月27日

第196回 日常会話における笑いの技術のトレーニング方法

おはようございます!超幸運サラリーマンの音多 秀茂(おんだ ひでしげ)です。


前回に続き、笑いの力をビジネスに応用する話しの続編です。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
サラリーマンの成功確率を高めるものの一つにビジネススキルがあります。

但し!闇雲にスキルを高めても、そのスキルを有効に使えなければ宝の
持ち腐れです。さらに取得に要した時間まで無駄にすることに・・・。

このビジネススキル編では、表面的なスキルではなく、職種を問わずに
広く使えるものをご紹介していきます。

そしてそのスキルを使い、どうすればビジネスでの成功(=収入アップ(出世))
に結び付けられるのかについて、ヒントを提供していきます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



前回は、ネタで人を笑わせる技術を習得して頂きました。


どうですか?何かストーリーは作れましたか?


まだの方は、とりあえず一つだけで良いので、ストーリーを作ることに
トライしてみて下さい。


◆日常会話における笑いの技術のトレーニング方法


これまた流れは同じです。まずはお手本を見ることから始めましょう。


 ▼ 手本を見る ⇒ マネをする ⇒ 世間話で使う


『手本を見る』


日常会話における笑いのヒントはお笑いでいうと ” コント ” に当ります。


ここでも、入手する手本はノウハウコレクターにならなように、一つで十分
です。


私のおススメは、

紳竜の研究
http://amzn.to/1dblbpL


これ一つで十分です!


一般人が日常生活で笑いを取り入れる場面は、ある程度限定されます。


例えば、明石やさんまは、芸人の中でも飛びぬけてテンションが高い
ですよね。だから、さんまのスタイルを日常生活で使おうと思っても、
浮いてしまう可能性があります。

その上、さんまのテンションを真似る時、「キャラ」の技術を使う必要が出
てきますので、長続きさせるのも難しいです。

要するにハイレベル過ぎるんです。だからまずは手本とするスタイルが、
日常生活に馴染むかどうかを考えましょう。


そういう意味で、島田伸介や、松本ひとし、フットボールアワーの後藤のように、
淡々とした会話の中で、場を盛り上げる芸人さんの技術の方が使いやすい
んです。


さて、あなたにとってのお手本が一つ決まったら、前回同様、繰り返し、
5回は見ましょう!!



『マネをする』


それでは、次のステップマネをするです。


今回は”ネタ作り”のように頭を悩ます作業は必要ありません ヽ(^o^)丿
ひたすら繰り返し見て、自分で同じようにコピーしてみましょう。


ここで注目するのは、”お客さんが笑っている場面”とそこまでの流れです。


恥ずかしがらずに、絶対やって下さいね!!


一応言っておきますが、楽器もスポーツも歌も、なんでも始めは
”マネ” から入りますよね。


技術を得るにはまず、” 型 ” を作らなければいけないので、その為の
作業が ”マネ” なんです。



『世間話で使う』


はい、お疲れ様でした。ここまでは、インプットの作業でした。ここから先は
インプットした分だけものを言う、アウトプットの世界です。


ネタ同様、お笑い芸人がコントでする話し方を繰り返しコピーすることで、
あなたに自信がつきます。そうすると、人前で芸人と同じ会話の言いまわし、
突っ込み、ボケなどが自然に出てくるようになります。


その結果、もし相手を笑顔に出来たら?


ここまで来れば、笑いがあなたのビジネスに好循環を生み出すのも時間
の問題でしょう。



本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

この瞬間にこのブログを読んでいるあなたが世界で一番幸せになることを
心よりお祈りしております。
posted by 音多 秀茂(おんだ ひでしげ) at 07:03 | ビジネスのタネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月28日

第197回 年末最後は笑いましょう!

おはようございます!超幸運サラリーマンの音多 秀茂(おんだ ひでしげ)です。


笑いの力をビジネスに応用する話しの最終回です。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
サラリーマンの成功確率を高めるものの一つにビジネススキルがあります。

但し!闇雲にスキルを高めても、そのスキルを有効に使えなければ宝の
持ち腐れです。さらに取得に要した時間まで無駄にすることに・・・。

このビジネススキル編では、表面的なスキルではなく、職種を問わずに
広く使えるものをご紹介していきます。

そしてそのスキルを使い、どうすればビジネスでの成功(=収入アップ(出世))
に結び付けられるのかについて、ヒントを提供していきます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



笑いの力でビジネスにおける結果を出す話しもいよいよ佳境です。


前回までのお話しにあるように、まず肝心なのは、ネタで笑いを作り出す
ことと、日常生活の会話の中で笑いを生み出すことの2つです。


実は、この2つの訓練がベースになるから、キャラを使った笑いや、
一発芸、リアクション芸というものが生きてきます。


ストーリーも無いのにいきなり一発芸をやってスベッッている人も
いますが、そうでない人との差はまさにここの力量の違いなんですね。


そして改めて書きますが、我々が笑いを取る下記二つの目的を忘れないこと。


 1.第191回 でお伝えした2つの注意点
⇒ http://kyokasho.seesaa.net/article/383128592.html


下さいね。
 2.第181回 でお伝えした、インプットとアウトプットの比率の話し
⇒ http://kyokasho.seesaa.net/article/382005205.html



あくまで、目的は笑いで相手の体、脳、心に良い影響を与えることです。
その結果、自分にも同様の効果がありますので、その笑いの恩恵を
日常生活に取り込んでいけるといいですね。



最後に一つだけ注意点と、再度お勧め教材のご紹介です。


 ◆ 注意点

教材となるものを選ぶ時、いかに面白いからと言っても、その内容が、
愛の無い"毒舌” だったり、いじめに近いようなものは避けましょう。
他人に対してだけでなく、自分に対してもです。


そうすると、なかなかコンテンツが限られてくると思うんですよ。
純粋な笑いと、至高のテクニックが詰まったものですからねぇ。

そうした意味で、”人志松本のすべらない話” や”紳竜の研究” をお勧
めしました。”笑点”なんかも素敵ですね。


 ◆ お勧め


お勧めとしては、”ネタ帳を持て!”ってことなんですが、今はスマホ
で、日常生活で見つけた面白いネタを、メモしたり、ボイス録音したり
すればよいと思います。


例えば、1日1つ面白いことを見つけてブログを書けば、いいトレーニング
になると同時に、そのコンテンツも高い価値を持つものになると思うので、
一石二鳥です。


また、面白いものを見つけるコツは「これがこうだったらおもしろいなぁ〜」
と意識しておくというだけです。ブログはホントお勧めです。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 ◆ 最後にお知らせ


さてさて、年末が差し迫ってきましたね!


平日発行の当ブログですが、今日は土曜日発行です。


というのも、サラリーマンの私、音多 秀茂は今日から正月休みに入る
為、本日が年内最後の更新となります。


再開は新年1月6日からですので、お間違えの無い様お願い致します。


今年は発行開始から休まず(海外出張を除いて)発行することができ、
大変充実した一年でした。


来年はさらにコンテンツを充実させ、人生を前向きにする極意を発信
しますので、お付き合いの程宜しくお願い致します。


それでは、2013年も残りわずかとなりました。皆様、お体に気をつけて
良いお年をお過ごし下さいませ。


本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

この瞬間にこのブログを読んでいるあなたが世界で一番幸せになることを
心よりお祈りしております。
posted by 音多 秀茂(おんだ ひでしげ) at 05:30 | ビジネスのタネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月20日

第207回 資本主義の限界って??

おはようございます!超幸運サラリーマンの音多 秀茂(おんだ ひでしげ)です。


資本主義の限界って??



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
サラリーマンの成功確率を高めるものの一つにビジネススキルがあります。

但し!闇雲にスキルを高めても、そのスキルを有効に使えなければ宝の
持ち腐れです。さらに取得に要した時間まで無駄にすることに・・・。

このビジネススキル編では、表面的なスキルではなく、職種を問わずに
広く使えるものをご紹介していきます。

そしてそのスキルを使い、どうすればビジネスでの成功(=収入アップ(出世))
に結び付けられるのかについて、ヒントを提供していきます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



健全な資本主義ってどういうものなんでしょう?


私には分りませんが、少なくとも今この世の中が不健全で不公平で、強欲
資本主義であることはわかります。


例えば、戦後の高度経済成長期、会社は年々増収増益を続けていました。
人口は増え続け、土地の価格も株価も上昇を続け、まさに右肩上がり。
イケイケのバブル状態です。


こういう時って世の中の雰囲気も、街の声も、社内の雰囲気も全てが
”経済は健全だ” と思っていたことでしょう。


そして、経済がマイナス成長になるなんてことは無いと信じていたと思い
ます。


しかし、世の中は波でできています。


良い波ができることには理由があり、バブルであればそこに至る前の
人々の強大な努力の積み重ねがその波を作ったのです。


しかし、一度大きな波ができるとそれに乗るばかりで努力をしなくなって
いくもんです。調子こいてる状態です。


そして気付けは波のピーク。てっぺんです。で、後は真っ逆さまに落ちるだけ。
これが1991年のバブル崩壊でした。


では2014年現在はどうでしょう。


一見、この暗黒の20年を耐え、アベノミクスと名付けられた経済復活の
雰囲気がにわかにでてきていますが・・・


日本はバブル崩壊後、ずっともんもんとしていた。極めつけはリーマン
ショックと大震災。しかしこれによって、国内の起業はあきらかに目が覚
めたと思うんですよね。


徹底的な経費節減や合理化を行い、会社の利益を絞り出すようになって
きました。


しかし、問題は2つあります。


一つ目は人口が減少していること。労働力のそもそもの生みの親である
人口が減り、歯止めが利かない状況ではこれ以上資本が増大していけ
ないと思うのです。


二つ目は、そもそも資本主義が過渡期に来ていたこと。例えば企業が
あまりに利潤を追い求め過ぎた結果、頻繁に買収や合併が行われる
ようになった。


これにより、益々利潤を追い求めた企業は、社員の生産性を上げさせ
それでも足りない場合はサービス残業等の長時間労働を強いるように
なってきた。


これは、長時間労働は生産性の高く無い1800年代の産業革命のイギリス
で行われていたことです。


しかし、現在は生産性が高い上に長時間労働。これが過渡期たる所以。


もちろん、部分的にはこれを打開する企業もありますが、俯瞰してみれば
今は右肩上がりがモットーの資本主義の限界に来ていると思うのです。


とはいっても、ここは資本主義の国。既に大回転しているこのシステム
から離脱したら、一気に社会から離脱してしまう危険もあります。


それでは、どう考えて生きていけば良いか?という話は明日に続きます。


ちょっと、今日は毛色が違う文章で書いてみました!


本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

この瞬間にこのブログを読んでいるあなたが世界で一番幸せになることを
心よりお祈りしております。





★音多の新メルマガ【富と成功の5つのタネ】が2/4創刊です!

門外不出の富を築き、自身を成功へ導くノウハウを暴露。

無料登録はお早めに↓
http://www.mag2.com/m/0001625468.html


★音多のウェブサイトも併せてご覧ください
今なら画像つき・・・
http://hide-wonda.com/



posted by 音多 秀茂(おんだ ひでしげ) at 07:46 | ビジネスのタネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月21日

第208回 日本人は強欲なのでしょうか?

おはようございます!音多 秀茂(おんだ ひでしげ)です。


限界なのは資本主義ではなく・・・


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
サラリーマンの成功確率を高めるものの一つにビジネススキルがあります。

但し!闇雲にスキルを高めても、そのスキルを有効に使えなければ宝の
持ち腐れです。さらに取得に要した時間まで無駄にすることに・・・。

このビジネススキル編では、表面的なスキルではなく、職種を問わずに
広く使えるものをご紹介していきます。

そしてそのスキルを使い、どうすればビジネスでの成功(=収入アップ(出世))
に結び付けられるのかについて、ヒントを提供していきます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



昨日は日本の経済の仕組みが限界に来ているのではないか?という
話しをしました。


でも、じつはこれ、資本主義自体に問題があるわけではないんですね。
よって資本主義が限界に来ているというわけでもありません。


昨日は、現在の日本が生産性を追及した上に長時間労働であり、これが
日本の資本主義の過渡期たる所以と説明しましたが、過渡期なのはあく
まで ”日本の” 資本主義です。


どういうことかというと、本来の資本主義とは、生産性を向上させ、物の
値段も安定させ、健全に利潤を生み出し、その結果、労働時間は減る
ものです。個人の自由な時間も増え、人間らしく生きられるはずですよね。


それなのに企業は、


 ▼ 更なる利潤を追求する為に、労度時間を長くしてしまう


 ▼ 更なる売上拡大を追求する為に、買収合併しようとする


 ▼ 更なるシェア拡大を目指し、競合を負かす


ということをやってしまいます。


「そんなことを言っても音多さん、そうしないと生き残れないよ」という
声が聞こえてきました。


確かに資本主義では、価格競争に勝たなければ消費者に淘汰されてしま
います。また競争原理が働いてしまうので、このような欲が欲を生む生む
状態になってしまいます。


極めつけは牛丼屋の価格競争のように、品質ど返しでとにかく安く!
となりますが、これはデフレ環境も要因し、消費者事態が品質よりも
価格を優先した結果ですよね。


逆に現在のアベノミクス好景気に沸き立つ兆候を見せる日本では、価格は
二の次で品質を重視するようになってきています。例えば最近の車はSUV車
(腰の高い多目的車種)が売れているようですが、SUVは好景気のバロ
メーターらしいですね。


じゃぁ、どうすればよいのか?それは・・・


 ◆ 利潤を追わない


 ◆ 売上・会社の規模拡大に躍起にならない


これができれば簡単なことではないでしょうか?


地産地消、利潤は全て社員に還元する。拡大路線をとらず、そのままの
規模で細く長くをモットーにする。


もちろん、最低限のことは必要です。


 ▼ 品質・生産性の向上・研究開発に意欲的


 ▼ 無理な価格設定をしない。


 ▼ 利潤を追わず、社員に還元している


 ▼ 労働時間は短く、社員を幸せにする努力をしている


 ▼ 理念があり、競合がいなくても伸びていくことが出来る


もちろん、今の日本でこれを実現する分野は限られるし、ニッチな分野で
一発当てる必要がありそうです。しかし、実際にこれが出来ている企業も
あるし、そういう会社で働くことも一つの方法です。


これが、資本主義を有効活用し、尚且つ幸せになる形なのかなと思います。
上を見てもきりが無いですし、億万長者になりたければ、どこまで大きくなり
たいか予め規模を決めておけばよい。資本主義の罠に陥ると、どこまで
も右肩上がりを続けなければならず、息苦しくなってしまいます。


皆さん今の仕事で幸せになる方法をどう考えますか?



本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

この瞬間にこのブログを読んでいるあなたが世界で一番幸せになることを
心よりお祈りしております。



★音多の新メルマガ【富と成功の5つのタネ】が2/4創刊です!

門外不出の富を築き、自身を成功へ導くノウハウを暴露。

無料登録はお早めに↓
http://www.mag2.com/m/0001625468.html




★音多のウェブサイトも併せてご覧ください
今なら画像つき・・・
http://hide-wonda.com/
posted by 音多 秀茂(おんだ ひでしげ) at 07:03 | ビジネスのタネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク