スポンサードリンク

2013年04月26日

第29回 海外生活に一瞬で慣れる方法 その3

こんにちは、音多 秀茂(おんだ ひでしげ)です。

◆ 今日の前フリ ◆◇

おぉ~!30回まであと1回ですね。

がんばります!

いよいよ明日からGW突入ですね。

このブログも土日祝日はお休みに

なりますので、宜しくお願い致します。



海外生活に一瞬で慣れる方法 その3


海外になれる方法3回目です。

昨日はコミュニケーションの壁にぶつかる前

の衝撃について書きました。


今日は壁にぶつかった

後のお話です。




実際にコミュニケーションの壁にぶつかって

ことの大きさに気付きます。


なぜならば、その壁は言葉だけ

では乗り越えられない問題だと知るからです。


どういうことかというと、

現地の人とコミュニケーションを

取るということは、


 ●言葉のスキルが50%で、

 ●残りの50%は”人付き合い”


という当たり前のことに気づくのです。


現地で、人の目を見て、微笑み合って

初めて気づくのです。



これに気付いた後、受け取り方によって

2パターンに別れると思います。


 ●ポジティブに受け取ると
   ・・・言葉のスキルはそんなに重要じゃない
      結局人と人でしょ!肩ひじ張らずにいこうぜ!


 ●ネガティブに受け取ると
   ・・・言葉のスキルが100%になっても
     コミュニケーションは半分しか取れないのか。
     ならば、言葉の勉強と同時にできるだけ
     現地の友達を増やすよう心がけよう


ここでのポジティブ、ネガティブは、

物事の良し悪しではなく、思考パターン

の違いです。


別に海外でなくても、見知らぬ

土地へ転勤、引っ越しをして、地元の

人と仲良くなろうと思ったら、

ある程度、その地元の情報について

詳しく無ければ話が出来ませんよね?


むしろ、方言ができなくても、

色々情報に詳しくなれば世間話にも

花が咲きます。


逆に、そのあたりが手薄なうちは

いきなりグループで飲みに行っても

会話に取り残されるだけだと思います。



海外ではそれがさらに過酷になって、

言葉が出来るようにならないといけない上に、

地元の地理、普段のテレビのドラマや

ニュース、背景となる文化、宗教など

が、ある程度理解できないと、日常会話

が成り立たないのです。



そのことに到着してすぐに気付かされた

わけです。



すでに空港の便器のでかさに

さえショックを受るほど神経過敏に

なっているのに、その時私は、


なんだ、この仕打ちは!

なんで俺だけこんな目に!


と私は思わずにはいられませんでした。




続きは次回へ。



★〓今日のお薦めサイト〓☆
<ご購入の際は自己責任にてお願いします>


【英語ぺらぺら君初級編】 米国大統領の元通訳が教える英会話学習法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=246694&iid=36090


まぁ後々お話しますが、海外生活に慣れる為の

優先順位の一番目は、語学に他なりません。

あの、自分の言いたいことが言えない

もどかしさは実際に海外に身を置かないと

分かりませんからね。

まずはこの作者の教材、初級編の紹介です。

この方は後天的に語学を習得し、2か国語以上

を話し、なお且つ国際結婚をしています。

こういう経験者のノウハウは、非常に実践的で

すぐに使えるものと考えて間違い無いです。



本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

これから私の出会う全ての人たちが最高に豊かで
幸せになることを心よりお祈りしております。

音多 秀茂(おんだ ひでしげ)

posted by 音多 秀茂(おんだ ひでしげ) at 22:19 | ビジネスのタネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月08日

第30回 海外生活に一瞬で慣れる方法 その4

こんにちは、音多 秀茂(おんだ ひでしげ)です。

◆ 今日の前フリ ◆◇

パンパカパ〜ン!

ちょっとGW連休の余波でブランクが

開いてしまいましたが、今日で連載30回

の大台に乗りました!!

こりゃ盛大に自分を褒めなければなりません。

今週末は近所の超うまい焼き肉屋さんへ

行って参ります。

ここの店、リーズナブルなのに肉質がとても

よく、さらに一手間加えた調理方法が素晴ら

しく美味しいんですね。

まさに本物の条件の揃ったお店です。

こういう出逢いって人生における幸運に

大きく寄与してきますね。



☆海外生活に一瞬で慣れる方法 その4



前回までは、海外に足を踏み込んだことで

受けた精神的苦痛についてでした。



特に会社都合の転勤などが理由でで、自分の

意思で来たわけでなければ、日本の生活も

放り投げてきている上にこの仕打ちですから

大変ショックを受けますよね。



ほんとうの意味で海外に慣れるというのは、

短期出張を何回しても得られるスキルでは

ないんですよ。カルチャーショックも、

短期であれば気合で乗り切れますし、

そもそも帰国する日が決まっています

から、そこまで頑張ればいいというのが

見えています。


ですから、まずは手っ取り早く慣れる

方法をご紹介します。

上記しましたが、カルチャーショックを

受けるポイントは有り過ぎます(笑) 

なんせ自分自身が神経過敏になって

いますから、何に触ってもショックを

受けるのです。


細かく挙げれば・・・


気候、文化、インフラ、言葉、宗教、人種、

危険度、衣食住などがあります。


これら全てに慣れようとしたら、とても

2週間では治まりません。それこそ1年

はかかるでしょう。


よって、


 ◆目に見える変化は徹底的に無視
   人との付き合いに集中する

これが海外に2週間で深く入り込む方法です!


★〓今日のお薦めサイト〓☆
<ご購入の際は自己責任にてお願いします>


【英語ぺらぺら君中級編 】 米国大統領の元通訳が教える英会話学習法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=246694&iid=55217


はい、今日はぺらぺら君中級編のご案内です。

海外生活に慣れる為の第一条件が語学

であることには変わりありません。

あの、自分の言いたいことが言えない

もどかしさは実際に海外に身を置かないと

分かりませんからね。

この方は後天的に語学を習得し、2か国語以上

を話し、なお且つ国際結婚をしています。

こういう経験者のノウハウは、非常に実践的で

すぐに使えるものと考えて間違い無いです。



本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

これから私の出会う全ての人たちが最高に豊かで
幸せになることを心よりお祈りしております。

音多 秀茂(おんだ ひでしげ)
posted by 音多 秀茂(おんだ ひでしげ) at 21:32 | ビジネスのタネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月09日

第31回 海外生活に一瞬で慣れる方法 その5

こんにちは、音多 秀茂(おんだ ひでしげ)です。

◆ 今日の前フリ ◆◇


いや〜、今週も明日で終わりですが、

なかなか休みボケが治りません。

人との会話とキーボードのタッチが

なかなか戻らないんですね。


人との会話は単語が出てこない(ボケか?)、

口がうまく回らない。キーボードもミスタッチが

多くなっています。

休み中もそれなりにアクティブに動いて

頭を使っていたつもりなんですが、

全然だめですね。まぁ本来休みはしっかりと

休むものですからいいのかもしれませんが。。



☆海外生活に一瞬で慣れる方法 その5



今日は昨日お伝えした海外に素早く慣れる

方法である、


 ◆目に見える変化は徹底的に無視
   人との付き合いに集中する


について少し解説を入れたいと思います。



海外に行くと、色々変化がありすぎて、

皆さん目を見開き過ぎるんですよね。

写真を撮ったり、いろんなところに行って

みたいと心が踊ったり、明らかに非日常

の状態で余計なところに多くの時間を

奪われすぎます。


 ”目に見える変化”

とは

”気候、文化、インフラ、宗教、人種、危険度、衣食住”


です。


だから、

 ◆目に見える変化は徹底的に無視

するということは、



 ●気候が変わっても気にしない

 ●インフラが変わっても気にしない

 ●宗教が違くても気にしない

 ●人種が違くても気にしない

 ●危険度が高ければ近づかないだけ

 ●食事がまずくても、腹が膨らめばOK


ということです。



正直、人以外の変化はどうでも

いいことなんです。

思い切って無視しちゃいましょう!


だから、問題なのは人= 言葉だけです。


そしてこれは、通訳がいれば解決します。

だから、絶対通訳だけは確保してください。

それが出来なければ、事前に言葉の基本を

抑えるかです。


ただ、言葉を覚えるにはカタコトでも

200時間はかかります。正直、それだけ

の時間を短期間で確保するのは大変な

ことですが、言葉無しでは人間関係

が何も始りませんので、抑えどころ

なのです。



まとめ

・2週間で海外に深く入り込むには、
 言葉の問題にだけ、気を使う。
 人に集中し、それ以外の変化は受け
 入れないと決める。


★〓今日のお薦めサイト〓☆
<ご購入の際は自己責任にてお願いします>


【英語ぺらぺら君中級編 】 米国大統領の元通訳が教える英会話学習法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=246694&iid=55217


はい、今日はぺらぺら君中級編のご案内です。

海外生活に慣れる為の第一条件が語学

であることには変わりありません。

あの、自分の言いたいことが言えない

もどかしさは実際に海外に身を置かないと

分かりませんからね。

この方は後天的に語学を習得し、2か国語以上

を話し、なお且つ国際結婚をしています。

こういう経験者のノウハウは、非常に実践的で

すぐに使えるものと考えて間違い無いです。



本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

これから私の出会う全ての人たちが最高に豊かで
幸せになることを心よりお祈りしております。

音多 秀茂(おんだ ひでしげ)
posted by 音多 秀茂(おんだ ひでしげ) at 21:08 | ビジネスのタネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月10日

第32回 海外生活に一瞬で慣れる方法 番外編1

こんにちは、音多 秀茂(おんだ ひでしげ)です。

◆ 今日の前フリ ◆◇


ようやくGW明けの1週間が終わりました。

ふぅ〜つかれたぁ。


本日はブログ30回突破記念の自分へのご褒美

として、近所の超うまい焼き肉屋さんへ

行って参りました!

ここはある秘伝のタレに付け込んだハラミ

とホルモンが死ぬほどうまいのです。

いやぁ今日も最高の一日でした。



☆海外生活に一瞬で慣れる方法 番外編1


本当の意味で素早く海外に深く入り込むには?


昨日までは、突貫工事で何とか

短期間で海外にに慣れることにスポット

を当ててきましたが、今回から番外編として、

”本当の意味で”海外に素早く慣れる

には、どういう条件が必要か、書いてみます。



私なりの答えとしては、

 1.異なる地域の5カ国以上の国に行く
 
   例:アジア、東南アジア、ヨーロッパ、アメリカ、南アメリカ
     安全な国を選びましょう。


 2.1の国のどれでも良いので1年以上滞在する

 3.日本語以外で1ヶ国語以上、日常会話
   レベルで良いので言葉を身につける


以上3つの経験が必要かなと思います。


前に書いたように、海外は、気候、文化、

インフラ、言葉、宗教、人種、危険度、

衣食住について全て異なります。


カルチャーショックと言う言葉で表され

ますが、当事者になって経験するとそれは

そんな言葉一つで片付けられないほど

大変なストレスです。 



しかし、1の「異なる地域の5ヶ国以上」の

国に行けば、ほぼ世界中の環境を自分に

インストールし、価値観の拡大と柔軟性

が身に付きます。

何でも”当たり前”になってくれば、

カルチャーショックも軽減できます。




そして次に2の「1年以上滞在した経験」

によって、本当の意味で異国でバランス

の取り方が身に付きます。

変化するのは外部環境だけではなく、

自分自身の精神状態も変化します。

例えば、はじめの2週間は平気でも、

その後一旦精神バランスが崩れてホーム

シックになるかもしれません。

1年中精神状態が一定という人は

いないでしょう。

バランスが崩れた状態で異なる環境に

身を置いた経験を持つことで、バランス

感覚が身につきます。

6ヶ月程度でも十分なのですが、外部

の変化(気候、文化など)も考慮すると

1年の経験があればバッチりです。



次回は3についてと最後のまとめを

書きたいと思います。


★〓今日のお薦めサイト〓☆
<ご購入の際は自己責任にてお願いします>


【英語ぺらぺら君中級編 】 米国大統領の元通訳が教える英会話学習法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=246694&iid=55217


はい、今日はぺらぺら君中級編のご案内です。

海外生活に慣れる為の第一条件が語学

であることには変わりありません。

あの、自分の言いたいことが言えない

もどかしさは実際に海外に身を置かないと

分かりませんからね。

この方は後天的に語学を習得し、2か国語以上

を話し、なお且つ国際結婚をしています。

こういう経験者のノウハウは、非常に実践的で

すぐに使えるものと考えて間違い無いです。



本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

これから私の出会う全ての人たちが最高に豊かで
幸せになることを心よりお祈りしております。

音多 秀茂(おんだ ひでしげ)
posted by 音多 秀茂(おんだ ひでしげ) at 22:10 | ビジネスのタネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月13日

第33回 海外生活に一瞬で慣れる方法 番外編2

こんにちは、音多 秀茂(おんだ ひでしげ)です。

◆ 今日の前フリ ◆◇


今日は雨が降りそうで降らない微妙な

空の色でした。


ただ最近日々刻々と季節の変化を感ます。

私は5月が一番好きな季節ですが、なんとも

足早に去っていく季節です。


この時期はどんどん外出して綺麗な新緑を

堪能したいですね。




☆海外生活に一瞬で慣れる方法 番外編2


本日で当シリーズは完結です。


ちょっと長くなりすぎましたね〜。


それでは、前回書いた、


”本当の意味で素早く海外に深く入り込むには?”


について、必要条件の3番目から行ってみましょう!



条件3の

「日本語以外で1ヶ国語以上身につける」

についてですが、

これは条件2を経験すれば自然と身に

つけられるでしょう。


但し、現地で日本人グループと交わって

ばかりだと難しいです。中には5年いても

話せない人もいますからねぇ。

向上心を持っていきましょう。


大人になってから日本語以外の

言語を身につける経験を持つと、

言葉を早く覚えるコツが身に付きます。


そうすれば、その後何か国語でも同様の

手順で覚えるコツが掴めると思います



ポイントは、

 ▼日本語以外の発音、声調の存在を認識すること

 ▼日常生活で本当に必要な言葉を抑えること

です。



1年経験があるれば分かってきますので、

ポイントを絞った学習が出来るように

はじめからこの2点に意識を置きましょう。



以上が、本当の意味で素早く海外

深く入り込む条件になります。



異なる環境に身を置くことは非常に

ストレスになります。好んで行く場合

を除いては、なるべく避けるように

したいものです。


しかし、そういう辛さを乗り越える

ことで得られる見返りはものすごく

大きいですし、何より辛い事だけでは

ありません。


日本では得られない、

”まだ出会ったことがない、素晴らしい○○”

に出会うチャンスです。

(○○は好きなもの。人、絶景、芸術、経験グルメなど)


私も実際感じるのは、海外に行った

り、行かされたりで辛い事も多かった

けど、もし行かずに同じ所で働いて

いたら、人間的成長は今の半分くらい

だったなぁ、と思っています。


辛い経験もするけど、その

5倍くらいおいしい経験もできる、

それが環境を変えることの醍醐味

でしょうね。


もちろん、環境を変える前の不安は

誰でも同じです。ただ、いくらでもその

不安を消し去る方法は存在します。

今回のコラムがその方法の一つに

なれれば幸いです。


ただ、言葉が肝心、と書きながら他言語を

習得するにはどうしたらよいのか、

については手薄でしたね。

もし知りたい私なりの他言語習得方法の

ポイントをお教えしますのでご連絡下さい。


★〓今日のお薦めサイト〓☆
<ご購入の際は自己責任にてお願いします>


【英語ぺらぺら君中級編 】 米国大統領の元通訳が教える英会話学習法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=246694&iid=55217


はい、今日はぺらぺら君中級編のご案内です。

海外生活に慣れる為の第一条件が語学

であることには変わりありません。

あの、自分の言いたいことが言えない

もどかしさは実際に海外に身を置かないと

分かりませんからね。

この方は後天的に語学を習得し、2か国語以上

を話し、なお且つ国際結婚をしています。

こういう経験者のノウハウは、非常に実践的で

すぐに使えるものと考えて間違い無いです。



本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

これから私の出会う全ての人たちが最高に豊かで
幸せになることを心よりお祈りしております。

音多 秀茂(おんだ ひでしげ)
posted by 音多 秀茂(おんだ ひでしげ) at 22:33 | ビジネスのタネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク