スポンサードリンク

2013年03月20日

第11回 動物以下の人間

こんにちは、音多 秀茂(おんだ ひでしげ)です。

◆ 今日の前フリ ◆◇

今日は、週半ばでくたくたになった

上に、自分へのご褒美のドイツビールで

ふらふらになってしまったので、前フリ無し

でいきま〜す。


☆動物以下の人間


前回は仕事でピンチに陥った時の、長期的

な解決方法について書きましたが、

いよいよこのブログの真髄に触れる時が

きました!(笑)


仕事の問題の解決策を考える時、

まず自分が目指す理想の状態を考える、

というのは前回お話ししました。


もちろん私もそこから入りましたが、

ふとトイレで考え事をしていると、

 ◆これは自分の人生に対しても
   やらなきゃいかんだろ

と思ったわけです。

それで、仕事の計画が落ち着いた後、

じっくりと今後の自分の人生について考え

たわけですね。そうすると仕事の問題と

同じように、

 ●自分について何も考えていなかった
   自分に気がついた
 
わけです。

これは前回の5倍くらい愕然としました(笑)。

何故なら、今まで過ごた人生は、何の計画も無く

何も考えずに過ごしてきていたということに

気付いた瞬間だったからです。

ただ生きていたのです。いや、生かされて

いただけかもしれません。下手すると自分は

動物以下かもしれないとさえ思いました。


生まれた時から、
 
 ●ある年齢が来れば自動的に学校へ行き

 ●周りの様子を見ながら進学を決め

 ●友達と共通の趣味を持ち

 ●趣味が仕事にできればいいなぁと
  計画性も無く考え

 ●結局学校の就職課にお世話になり、、

 ●会社の組織に入って仕事をし、
 
 ●毎月決まった日に給料を受け取り

 ●それで衣食住をまかない、
  給料の範囲内で遊びに行く

という毎日を刻んできたのです。

振返ると

 ■主体性が無い

ことに気がつきました。

いや、その時々の判断には主体性はあった

でしょう。しかし、大枠は決められていたの

です。

このまま行くとどうなるか、自分の未来が見えました。

 ●大過無く定年まで働き退職

 ●定年後は年金と退職金の範囲の中で
  衣食住をまかない、

 ●お金のかからない趣味をやりながら

 ●80歳くらいで死を意識し、人生を振り返り

 ●なんだか中途半端だったなと思う


これが現実です。

一瞬悲惨に見えますが、

定年まで働いて年金がもらえる、趣味がある、
 
というだけで、結構いい暮らしかもしれません。
 
実際は、会社に擦り切れるまでこき使われて、
 
定年まで働けないかもしれませんし、
 
無趣味かもしれません。
 



次回は、じゃあ、どうするの!?ということを

書いてみたいと思います。



 
本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。
  
これから私の出会う全ての人たちが最高に豊かで
幸せになることを心よりお祈りしております。

音多 秀茂(おんだ ひでしげ)
posted by 音多 秀茂(おんだ ひでしげ) at 22:33 | ビジネスのタネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月21日

第12回 人生設計して生まれ変わろう

◆ 今日の前フリ ◆◇

今日はとても風が強い日でした。

出張先へ向かう途中の高速道路上が

特に風が強くて車がふらふら。

そしたら、道路中央に大きなブルーシート(

運動会などで地面に敷いて座るやつです)

が舞っていて、間一髪かぶりそうになりました!

春先で眠くもなりますからねぇ。皆さん、車の

運転には十分ご注意を・・・。


人生設計して生まれ変わろう


トイレの中でふと考えたことがきっかけで

自分が動物以下であることに気付いた

音田です(笑)

意味不明な方はこちらでご確認を。

http://kyokasho.seesaa.net/article/348758513.html


前回の話はサラリーマンのどのくらいの

方に共感してもらえるのでしょうか。

私は何をやるにしても、人より劣って

いることが多いので、エリートサラリーマン

の皆様には分からない悩みかもしれませんね。



またしても、愕然となり目が覚めた私ですが、

落ち着いていました。

第10回で書いたように、問題を解決するパターン

が身に染み込んでいるからです。


私は早速、自分が抱える、

 ●人生計画が無い

という問題に対し、解決策を考え始めました。

この作業は会社設立と一緒ですね。


 ◆まずは、理念、世界観を決める

これは人生観というやつですね。

前回マインドセットの話をしましたが、

自分の最終形というやつをはじめの段階で

イメージしてしまいます。

あとはそれに向かって、細かい事を決めて

行けばよいのです。

私の場合

 ◆人間力

 ◆資産力

 ◆健康体力

 ◆仕事力

 ◆知識力

 ◆経験力

 ◆趣味力

 ◆自己啓発力

 ◆夢実現力

 ◆社会貢献力

というように、自分をバランスよく成長

させられるよう、様々な項目に「〜力」

と名付けて書きだすことから始めました。


実際には全部できないので、まずは、このうち

自分が特に足りていないものや、緊急性

の高いものをピックアップすれば良いと

思います。


そしたら、次にそれぞれの項目について、

目標を設定し、目標達成する為に日々

実行することを考えて行きます。
 

この日々実行することが自己啓発ですので、

ここで実際に第6回で公開した魔法の技

を使ってみましょう!




本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。


これから私の出会う全ての人たちが最高に豊かで
幸せになることを心よりお祈りしております。

音多 秀茂(おんだ ひでしげ)
posted by 音多 秀茂(おんだ ひでしげ) at 22:12 | ビジネスのタネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月22日

第13回 スマートに幸せになる方法

こんにちは、音多 秀茂(おんだ ひでしげ)です。

◆ 今日の前フリ ◆◇

関東ではが満開ですね。週末は

いろいろなスポットにお出かけされると

思いますが、私は人混みが苦手です・・・。

もはやと人混みはワンセットですかねぇ。

私はひっそりとお花見できる穴場へ行く

予定です。ここ最近、毎日の開花具合を

チェックしていますが、まだ6分程度です。


☆スマートに幸せになる方法

 
昨日までの一連の流れで

とりあえず私のブログの真骨頂である、

「日々前向きにますます良くなる」状態を

目指す為の基礎となる、自己啓発の

説明はできたかなと思います。


もし、まだの方は取り急ぎ第一回から
 
ちゃちゃっと斜め読みしちゃって下さいね〜。


私のブログにはいくつかカテゴリー

がありますが、どれも人生を前向きにする

ためのとっておきの技になります。

ですから、

 ●後ろ向きな意見や、

 ●マイナスのオーラ

は完全無視です(笑)

 
例えそれが偽善であっても、

人から「いい人ぶってる〜」と言われても、

要は

 ◆前に進んでいればよいのだ!

これです!

そしてそんな状態に、何も考えずに、

なってしまっている状態を目指しましょう。


私は特別意識していませんが、人から良く

「前向きすぎるんだよ」

とか

「何かがいいよね」

と言われることがありますが、

それは、私が常に

”無意識でも姿勢が前進している”

状態だからであり、何も頑張って前向きに見せて

いるわけでも、偶然その時だけが良かった

わけでもありません。

私は、

自然体で前向きだし、が良いのです。


もちろん私も初めからこうだったわけでは

ありません。8年前は、どちらかというと

マイナス思考だったし、パチンコに行けば必ず

友人よりも早く資金が尽きていました。彼女ができる

のも遅かったです。(昔の俺、残念!)



それが、前回まで書いたきっかけを元に

人生が180度変わりました。


今後、皆さんの価値観をひっくり返して

いきたいと思います。
 

この何気ない日常の積み重ねが人生です。

ありふれた日常を変化させるには、誰もが

相当な努力必要と思っているはずです。

しかし実はある力を身につければ、目の前の

現実は一瞬で変化させられます。努力もゼロです。


世の中には様々なプロがいます。

彼らは最短距離で最高峰に辿り着きます。

但し、裏ではものすごいトレーニング
 
を積んで日々努力しています。ある意味

恵まれた才能や身体能力をお持ちでしょう。


しかし、この世は不公平です。

自分が主体となってあるものをコントロール

する力を身につければ、

時間もゼロ、努力もゼロでそんな

プロに勝つことが出来ます。


それが何かわかりますか?


それが ”  ” という存在です。


このブログでは、この目には見えない、

非物質の存在にちょくちょく触れていきます。

そして、つらーい努力や一生懸命、汗水たら

して頑張るという、間違った価値観からおさら

ばして、智性を見につけながらスマートに

幸せになる方法をお伝えしていきたいと思います。



本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

これから私の出会う全ての人たちが最高に豊かで
幸せになることを心よりお祈りしております。

音多 秀茂(おんだ ひでしげ)
タグ:
posted by 音多 秀茂(おんだ ひでしげ) at 22:59 | ビジネスのタネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月24日

第27回 海外生活に一瞬で慣れる方法 その1

こんにちは、音多 秀茂(おんだ ひでしげ)です。

◆ 今日の前フリ ◆◇

今日からカテゴリ「ビジネススキル編」へ戻って、

新シリーズです。長編コラムですので番外編

のようなものですね。



☆海外生活に一瞬で慣れる方法 その1



以前、海外生活に2週間で深く入り込める

と書いた所、大きな反響がありましたので、

サラリーマン海外生活への慣れ方に

ついて、コラムにしてみました。



まず、海外と関わる人というのは

どういう人なのでしょうか。

思いつく理由は、


 ▼仕事の海外出張、海外赴任

 ▼憧れて海外へ旅行する、移住する

 ▼国際結婚して母国から移住する

 ▼強制拉致(これは最悪のケースだな・・・)


などなど、色々ありますが、

自分の意思で行くか、外部の影響で行くか、

能動的(自主的)か、受動的(受け身)か

の二つに分かれると思います。


特に日本は島国ですので、基本的な

生活サイクルは国内で完結します。

よってそもそも他国へ行く必要がない

DNAを持っていますから(たぶん)、

出て行くことに抵抗があるはずです。



しかし、グローバル化が進み、新興国

を使わずには経済活動を維持できない日本では、

会社都合により、自分の意志とは関係無し

海外赴任となり、馴染むのに苦労されている

サラリーマンも多いと思います。

もしくは馴染めずに帰国することになる

方も多いでしょう。



または憧れて海外へ飛び出してはみたものの

友達もできず、ホームシックになり、

挫折する方もいるかもしれません。



また、国際結婚で海外の家に嫁いだものの、

これまた異なる環境に馴染めず、憂鬱な

気分になっている方もいるでしょう。

(結婚であればパートナーがいるので、

乗り越えることも逆に醍醐味かもしれませんが)



今回のコラムでは、そういった海外に馴染め

ないでいる人、これから海外へ向かう人に、

私自身の経験上、速やかに慣れる為の

ポイントをお伝えしていきたいと思います。


これでも私も色々と苦労をしているので、

共感してもらえる内容もあるかと思います。



それでは、次回から、お楽しみに!



★〓今日のお薦めサイト〓☆
<ご購入の際は自己責任にてお願いします>


【英語ぺらぺら君初級編】 米国大統領の元通訳が教える英会話学習法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=246694&iid=36090


まぁ後々お話しますが、海外生活に慣れる為の

優先順位の一番目は、語学に他なりません。

あの、自分の言いたいことが言えない

もどかしさは実際に海外に身を置かないと

分かりませんからね。

まずはこの作者の教材、初級編の紹介です。

この方は後天的に語学を習得し、2か国語以上

を話し、なお且つ国際結婚をしています。

こういう経験者のノウハウは、非常に実践的で

すぐに使えるものと考えて間違い無いです。



本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

これから私の出会う全ての人たちが最高に豊かで
幸せになることを心よりお祈りしております。

音多 秀茂(おんだ ひでしげ)
posted by 音多 秀茂(おんだ ひでしげ) at 21:51 | ビジネスのタネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月25日

第28回 海外生活に一瞬で慣れる方法 その2

こんにちは、音多 秀茂(おんだ ひでしげ)です。

◆ 今日の前フリ ◆◇

今日は久しぶりの電車での出張でした。

行きは空いていましたが、帰りは帰宅

ラッシュの時間帯。ここで例のおまじない

発動!です。

※分からない方は、

「第16回 正しい願い方 基本編」
http://kyokasho.seesaa.net/article/353031160.html

をご覧あれ。


事前におまじないはかけておきましたが、

さすがに満員電車、はじめは立ちました。

しかし、一駅目で私の前に座っていた女性

だけが降り、私だけが無事に座ることに

成功しました。

分かっていても、私の前だけすっぽり

席が空いた光景にはさすがにびっくりしました。

どうやら日ごろのトレーニングのおかげで

技の切れ味が増しているようです。



☆海外生活に一瞬で慣れる方法 その2




大抵の海外に2週間で慣れる私ですが、

本当に、初めて海外で生活した時は、

慣れるまでに生活面で2ヶ月、仕事面で

は6ヶ月ほど時間がかかりました。



初めての海外経験はアメリカでした。

それまで、海外旅行の経験はゼロです。

成田から向こうのロス空港に着くだけで

くたくたになってしまいましたが、さらに

そこからジェットコースターのように

カルチャーショックのオンパレードが

目に飛び込んできました。


 ▼空港の警備員がでかい!これが外人か!

 ▼空港のトイレの便器がでかい!

 ▼1月なのに暖かい!これが南国か!

 ▼車が右側走ってる!道路標識が日本とちがう!

 ▼風呂の水の出し方がわからない!

 ▼洗濯機の使い方が分からない!


などなど



特にそれまで自炊生活していた自分が、

洗濯機の使い方も水の出し方も分からない、

(要するに海外製で、表示も英語なので意味不明)

ということに、社会人の自分が今更

何も出来ない子供になったような感覚でした。



国際免許は取ってありましたが、

右側通行で、標識も見たことが無い

ので、運転もできるのか!?という

感じでしたし、かといって公共交通機関

のバスや電車の乗り方も、切符の買い方

も分からない・・・。

行動の自由を奪われたも同然でした。



そして、極めつけは現地の人と話す際に、

何を言っているのか分からない!

という”コミュニケーションの壁” でした。



続きは次回へ。



★〓今日のお薦めサイト〓☆
<ご購入の際は自己責任にてお願いします>


【英語ぺらぺら君初級編】 米国大統領の元通訳が教える英会話学習法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=246694&iid=36090


まぁ後々お話しますが、海外生活に慣れる為の

優先順位の一番目は、語学に他なりません。

あの、自分の言いたいことが言えない

もどかしさは実際に海外に身を置かないと

分かりませんからね。

まずはこの作者の教材、初級編の紹介です。

この方は後天的に語学を習得し、2か国語以上

を話し、なお且つ国際結婚をしています。

こういう経験者のノウハウは、非常に実践的で

すぐに使えるものと考えて間違い無いです。



本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

これから私の出会う全ての人たちが最高に豊かで
幸せになることを心よりお祈りしております。

音多 秀茂(おんだ ひでしげ)
posted by 音多 秀茂(おんだ ひでしげ) at 20:39 | ビジネスのタネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク