スポンサードリンク

2013年07月17日

第80回 人間関係の前に学校教育を見直したい

こんにちは、音多 秀茂(おんだ ひでしげ)です。

★彡: 今日の小話 ☆彡:

ぱちぱちぱち、今日でいよいよ80回へ突入です。徐々に100回の壁も
見えてきました。


そういえばブログを書き始めて4ヶ月が経ち、最近ほんとに変わったな
と思うことがあります。


それは、「書くスキル」がレベルアップしたこと。


具体的には、質とスピードが上がりました。


以前なら考えて、書いて、考えて、書いて、でしたが、今は考えながら
どんどん書きすすめられる感じです。


これからまた色々な良い効果が期待できますが、情報のアウトプットの偉大
さを改めて感じております。



☆人間関係の前に学校教育を見直したい



昨日は、「じゃぁ、人間関係の基本って勉強したことありますか?」という
質問で終わりました。


今日はこれまで私たちが受けてきた学校教育と、人間関係の基本も
含めた社会で本当に必要な実用的スキルについてのお話です。


でも、ほんと何故かな〜と思うんですよね。


小さいころから「学校」には通わされますが、あそこで習うお勉強には
何故、実用的なものが限りなく少ないのか。


実用的なものとはズバリ、このブログの真骨頂である、人間の3大悩み
「お金、健康、人間関係」の基本的な知識と、その進化と解決に関わる
スキルのことです。


ところでちょっと話がそれますが、以前東京大学出身の某教師が言って
いました。


学校とは、様々な科目の勉強を通して、「解決力と想像力」を身につける
場なんだということです。


私はこれはこれで面白いことを言っていると思いました。


何故なら、この「解決力と想像力」は非常に実用的なスキルであり、これが
身につけば社会人になった時にぶつかる壁を確かに乗り越えられるからです。


非常に有効なベーススキルであり、このブログでも解決力については
ビジネススキル編でブログ初期にお伝えしています。
(今後も有効なテクニックはどんどんお伝えしていきます)


ただ、良くないのは(別にこの方が良くないわけではないですが)
じゃぁ、学校で初めに言っとけ!ということですよねぇ。


初めとはまさに小学1年生の入学時ですね。


どこでもそうですが、理念と目的は初めに伝えて浸透させなければなり
ません。それが 「教育」 の手始めです。


 ▼「いずれ社会に出た時に「解決力と想像力」があればどんな壁にも
    立ち向かえる。だから、その訓練としてこの問題を解きなさい」


 ▼目的は「解決力と想像力」を身につけること。その為にこれを勉強しなさい。


と言ってくれればいいんですよね。


このような教育が目標達成管理であり、教育の中でその手法も
同時に学べると思うのですが。


学校という場が、もっと人生で有効なスキルを身につけられるようなカリ
キュラムを開発してくれることを願います。


なんせ、人生のうち20年近くを過ごす学び舎なのですから。



ありゃりゃ、今日は学校批判に終ってしまいました。
明日は話を元に戻します。
posted by 音多 秀茂(おんだ ひでしげ) at 20:57 | 人間関係のタネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月18日

第81回 人間関係の基本理念とは

こんにちは、音多 秀茂(おんだ ひでしげ)です。

★彡: 今日の小話 ☆彡:

今日はお疲れモード。いきなり本文へどうぞ。



☆人間関係の基本理念とは


昨日は学校批判で終ってしまいましたので、話を元に戻します。


人間関係の基本って勉強したことありますか?


という質問でしたが、実用的なスキルが含まれない学校教育を受けて
いる以上、答えはNOだと思います。


あるとすればあくまで、クラスや集団行動の中で ”感覚的” に身に付け
たものだけだと思います。


ただこれだと、感覚的に優れる方にとっては得意分野でしょうが、
その対極の人は苦手になってしまいます。


やはり、まずは論理立てた基本をインストールする必要がありそうですね。



というわけで、早速人間関係の基本について始めたいと思います。


昨日自分で偉そうに、


「どこでもそうですが、理念と目的は初めに伝えて浸透させなければなり
ません。それが 「教育」 の手始めです。」


と言ってしまったので、理念・目的について浸透させることにしますね(笑)


人間関係の基本理念とは、


 ◆まず自分自身はあるがままの自然な状態であること。


 ◆その状態で、自然に他人とエゴを否定し、仲間を求め、お互い助け合うこと。


 ◆その中で、皆が繋がっているという感覚を持てる状態になること。


自然に、お互いが助け合い、その中で皆が繋がっている感覚に自然と
なれる状態が良い人間関係の基本です。


そして、この状態を目的として、様々な価値観やスキルをインストール
することが”人間関係の勉強(訓練)”なんだと思います。


それでは明日から、その価値観のインストールを行います。
タグ:人間関係
posted by 音多 秀茂(おんだ ひでしげ) at 21:09 | 人間関係のタネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月19日

第82回 人間関係の正しい価値観をみにつけよう

こんにちは、音多 秀茂(おんだ ひでしげ)です。


昨日人間関係の基本理念について、良い人間関係の基本とは


『自然に、お互いが助け合い、皆が繋がっている感覚に自然となれる状態』


というお話をしました。



それではこの状態を目指して、正しい価値観や様々なスキルをインストール
していきましょう!


手始めに正しい価値観のインストールを行います。


まず人間関係における、自分と自分以外(相手)の関係性について理解
しましょう。


自分と相手を、それぞれ生かすか殺すかのバランスを取ることで人間関係
は成り立ちます。


そしてこの”状態”には、お互い、


 ”良い状態” と ”悪い状態” 


の二つ存在します。これを自分と相手に当てはめると、人間関係には以下
の4つの状態が存在することになります。


 @ 自分はOK(良い)、相手はNG(悪い)

 A 自分はNGで、相手はOK

 B 自分はNGで、相手もNG

 C 自分はOK、相手もOK


以上の4つです。


この中で正しい価値観とはどれでしょうか!?


答えはもちろん C です。俗に言うWINWINの関係性ですね。


この関係性はわかっちゃいるけど、人生で実際に実践するとなると難しい
ので、次回は一つずつ、解説していきます。


ちなみに、解決法もつけちゃいますよ。
タグ:人間関係
posted by 音多 秀茂(おんだ ひでしげ) at 21:52 | 人間関係のタネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月22日

第83回 私さえよければいいんだ

こんにちは、音多 秀茂(おんだ ひでしげ)です。

★彡: 今日の小話 ☆彡:

7月上旬からかなり暑い日続きでしたが、急に一段落モードですね。


なんでも、「来週にかけ曇りや雨、猛暑一転低温か」とのこと。


私はオフィスワークメインですが、出張はつきものなのでこういう気候は
大歓迎です。


しかし、一方で不安定な気候で困る職業の方(農家など)は大変ですね。


この世は気候にしても、誰かが得をすれば誰かが損をするように出来て
いるのでしょうか。これもある意味『保存の法則』なんでしょうが。


☆ 私さえよければいいんだ


さて、先週は自分と相手の人間関係の4つの状態についてのお話でした。


改めて見てみると、下記の4つの状態について


 @ 自分はOK(良い)、相手はNG(悪い)

 A 自分はNGで、相手はOK

 B 自分はNGで、相手もNG

 C 自分はOK、相手もOK


Cが正しい価値観であり、この状態を目指しましょうというお話でした。



しかし実践するとなると難しい、ということで今週は解説編に入ります。



まず、@の状態について。


 『自分はOK(良い)、相手はNG(悪い)』


この状態は典型的な「自己中心」型のタイプです。


 ▼自分さえ良ければOK


 ▼私は全て正しい。私以外の全ては間違い。


 ▼俺さえ儲かれば良い。他人は私の踏み台に過ぎない。


という状態ですよぉ。こんな人、はたから見ればうげぇですね?


まぁ、実際上記に当てはまっていても、本人は気づかないものなんです
が。何故なら自己中な人は自分を「正当化」してしまうから。


そういう方は、周りがきつく(そっとでは駄目)言ってあげる他無いんです
がね。



しかし!実は誰もがこのような状態になってしまったことがあると思います。
それが


 ●自分が可愛い


という状態だと思います。人間生き残る為には何でもします。


たとえ第三者目線で見れば「うげぇ」という状態でも、いざ自分がその中
に入ったら、生き残ろうと必死になるはずです。


誰もが、とりあえず自分は助かろうと思うんじゃないでしょうか。


しかしいずれにせよ、その時人間関係にひずみが発生し、人間関係の
悩みが生まれてしまいます。


先天的に自己中心的な性格であろうが、苦境から自分だけが助かる為
にこの道を選択しようが同じです。


結果として人間関係の悩みが生まれます。


よって、この考え方は×なわけです。


明日に続きます。
posted by 音多 秀茂(おんだ ひでしげ) at 21:52 | 人間関係のタネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月23日

第84回  私はみなさんの犠牲になりますというタイプ

こんにちは、音多 秀茂(おんだ ひでしげ)です。

★彡: 今日の小話 ☆彡:

私は車を持っていませんが、車が欲しくなりました。


私は基本的に物欲に流されないのでなんでかなぁと思って見たら、これは
完全にビジネス戦略に乗せられているなと気づきました。


今流行りのハイブリッドカー。その燃費争いがメーカー間で熾烈になって
います。


いまや一般車で36km、軽自動車は35kmを目指していくんだそうです。


いつの間にか、私もその最先端を目で追っていたようです。


でもふと冷静に性能とコストを並べて考えれば、たかだが数キロ燃費が
伸びた最新型を買うよりも、中古で30kmは走る現行型を購入したほうが
はるかにコストパフォーマンスは高いわけです。


新型を欲しいと思うのは結局、『隣に負けるな』的な感情によるところが
大きいと思います。


世のCMなどはまさにこの感情を刺激して来るんでしょうね。



☆私はみなさんの犠牲になりますというタイプ



はい、今日も始めます。


昨日人間関係の4つの状態の1番目である、自己中心的な状態の
お話でした。続いて今日は今日はAの状態についてのお話です。



 『自分はNGで、相手はOK』


この状態は、いわゆる「自己犠牲」型のタイプです。


 ▼自分が犠牲になっても、みんなが幸せになればOK


 ▼自分が盾になって、みんなを守ります


というように、自分が下敷きになります的なタイプ。


こういうタイプは一見すると正義に見えます。いわゆる悲劇のヒロイン
とか、映画で格好良く死んでいくタイプ(笑)ですね。


要するにドラマになりやすい。だから、こういうタイプを目指してしまう、
というか憧れてしまう人達も多いのではないでしょうか。


いやいや、これ完全に間違いでんがな。こんなのアホでっせ。
(何故か急に大阪弁)


現実世界では、もし、こういう人が近くにいたらそれは便利なだけですから!


本人は良かれと思って、自分の身を削り、他人の為に時間やお金を費やし
たとしても、はたから見ると善人で、利用しやすいタイプなだけですから!


と、このように言われるとなるほど〜と思うかもしれませんが、しかし!
実は誰もがこのような状態になってしまったことがあると思います。

例えば


 ▼目上の人、力関係で上の人との人間関係において、無理矢理でも
  「その人の為に働こう」と思ってしまう瞬間


 ▼こちら側に十分な情報や知識が無い時に起こる「思考停止状態」。
  その状態において、無理矢理相手の言いなりになってしまう場合に、
  自分を認めさせる為に、このような考えになる


などです。ちょっと難しいかな。


要するに、たとえ積極的に自分が犠牲になろうとしなくても、社会生活を
送る上で、このような状態に追い込まれることは良くあるということです。


そして、ドラマであれば良いドラマになるかもしれませんが、実生活上では、
このような生き方をするといいように扱われます。


そして、良いことをしているはずなのに、いつの間にか他人から虫けらの
ように扱われ矛盾を感じ始める。


自分さえ犠牲になれば、みんなを幸せに出来るはずだったのに、そうでは
なくなる。


結果として人間関係の悩みが生まれます。根本的に弱い考え方なんですね。


よって、この考え方も×なわけです。


明日はBの考え方に続きます。
posted by 音多 秀茂(おんだ ひでしげ) at 22:10 | 人間関係のタネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク