スポンサードリンク

2018年09月13日

第1151号【健康】目の最適化習慣〜種々の光〜

おはようございます!音多秀茂(おんだひでしげ)です。


。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°+ °。°


■ 本文前のお立ち寄り♪〜前回のバックナンバーはこちらから〜


 第1150号【自己啓発】思考と行動_夢は追いかけても掴めないものなのか
  https://goo.gl/z6s4E8



★【健康のタネ】目の最適化習慣〜光がもたらす癒しと破壊〜


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
あなたの健康状態は富と成功に大きく影響します。

何故なら富と成功の源泉とは「元気」であり、健康が損なわれる
とその元気が失われるからです。

 ▼ 元気が失われると思考力も行動力も発揮できません

 ▼ 思考や行動が止まればやる気も起こりません

 ▼ そして元気の無い人は運にも見放されて行きます・・・

というわけで当健康編では我々の健康を整え、元気をフル充電し、
そのエネルギーを富と成功の実現へと注ぎ込む為のテクニックを
お伝えしていきます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


今日は健康のタネをお届けします♪


今回は約二年ぶりのシリーズとなる「目の最適化習慣」をお伝えします。


私はここに数年、デスクワークで蓄積された眼精疲労がたたって目の周囲の筋
肉が何ヶ月もピクピクし続けたり、瞼が三重になったりしていました。また最
近になってきつめの飛蚊症も出てきたりしてこれはマズイと思ってます。


これ、原因は過度にパソコンやスマホの画面を見過ぎな事が原因でして、こう
して趣味で書いているメルマガもその一翼を担うわけですが、朝一時間程メル
マガを書く事から始まって、日中は確実に8時間はモニターを見続けて、帰宅
後も2時間ほどパソコンをして、隙間時間にはスマホ画面を見ているわけです。


一体どれだけ目に負担をかけているのかと恐ろしくなりますが、上記の時間を
合せると大体1日に12時間、ディスプレイとにらめっこしているわけです。


以前お伝えした当シリーズを見返すと「目を最適に保つ為にはしっかり休息を
取りましょう」という話しをしているんですが、自分で言っておいて全然出来
ていません(p_-)。


これだけパソコンと密着して生活しているわけですから、休息不十分なのも当
然で、瞼がピクついたり三重になったりしていたわけです。


で、これは相当マズイと思うこの頃なので、当シリーズを再度書こうと思うに
至りました(笑)。


・・・・

ではこうしてディスプレイを長時間見る事の何がまずいのか?


ここで今回悪玉要因の一番手に挙げるのが


 ◆ ブルーライト


です。


これは私のような仕事過多の人間だけではなく、テレビを見過ぎる、スマホを
見過ぎる、ゲームをやり過ぎるといった現代人が改善すべき問題です。


中でもスマホは画面と目の距離が近くいつでもどこでも出来てしまいます。特
に暗い場所で瞳孔が開いている時に至近距離でスマホ画面を見ると、そのバッ
クライトから発せられた短い波長のブルーライトが網膜に直撃し、更には松果
体(脳)まで届きますから眼や身体に大きな負担がかかるんですね。


実際20〜30時間ほど直接LEDの強い光を照射されると網膜が損傷し失明に至る
と言われていますから、それが弱い光であっても網膜に直接届くブルーライト
から我々の身体は直接的ダメージを受けています。


・・・・

本来人は自然な太陽光の中で生活してきましたが、科学と経済発展により自然
な形の夜は無くなったわけです。これは便利な半面、人の自律神経に混乱を来
たしますから様々な現代病を生み、今や子供が自律神経失調症になる時代です。


自然光と人工光の違いとは、その光が含む波長帯のバランスです。例えば太陽
光にはバランス良く可視光やそれ以外の光が含まれており、我々の身体が発育
成長し安定するにはそうした光が必要です。


一方人工光はこのバランスが悪く、ある特定の波長領域が飛びぬけて高かった
りするんですね。


中でもディスプレイライトのLEDは350nm領域の「ブルーライト」が飛びぬけて
強いんです。これはディスプレイの光のように直接目に飛び込んで来る場合に
問題となります。


こうした人工光から、人は副腎皮質刺激ホルモン、コルチゾール(ストレスホ
ルモン)がストレスレベルに達する事が確認されています。


もちろんLEDにも利点がありますが(紫外線が含まれてい無い事、省エネ、長
持ちなど)、目に直接飛び込むような使い方をする場合に良くない光となりま
す。


・・・・

我々は既にパソコンやディスプレイから離れて生活出来ませんから、省エネ且
つ太陽光のようなバランスの良い光を生み出せる商品が出ると良いのですが、
それが無い今出来る事は極力使用時間を減らす事に尽きます。


そして巷で売られているブルーライトカットフィルムをしっかり使う事。


私はスマホ用にはこれを貼っています。

極上 ブルーライトカット 90% 旭硝子(iphone7plus/8plus)
https://amzn.to/2ox4oJK


パソコン用は家も職場も全てこれを貼っています。カット率がやや低いのです
が、貼り付け作業性と見栄えがとても良いフィルムです。

サンワサプライ 15.6型ワイド対応ブルーライトカット液晶保護フィルム
https://amzn.to/2PYmaSw


そしてブルーライトカットメガネも併用しています。私はメガネをかけている
ので、メガネの上に装着できるタイプを愛用中。こちらで追加47%のブルーラ
イトをカット出来ます。

エレコム ブルーライトカット眼鏡 クリップオン
https://amzn.to/2LNLEPj


とまぁ、こうして害ある光に意識を向けてカットしておく事で、よりストレス
の少ない生活環境をと整えておきましょう。


。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°+ °。°+ °。°。°+

★ 当ブログ内容をメルマガで受け取るには?
 【無料】メルマガ 『音多秀茂の【富と成功の5つタネ】』

  お陰様で世界最大級のメルマガ配信サービスであるまぐまぐ社の”まぐま
  ぐ大賞2015”において、「スキルアップ部門」銀賞を受賞致しました!
  皆さまの日頃のご愛読に感謝申し上げます。

  ⇒詳細とご登録はこちらから


★ 【特典プレゼント】
 「あなたの人生を豊かにする35冊の必読書リスト」プレゼント中!

  ⇒特典プレゼントを入手する



スポンサードリンク
posted by 音多 秀茂(おんだ ひでしげ) at 20:58 | ビジネスのタネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク