スポンサードリンク

2018年04月09日

第1097号【健康】4月のテーマ〜牡羊座の頭 その1〜

おはようございます!音多秀茂(おんだひでしげ)です。


。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°+ °。°


■ 本文前のお立ち寄り♪〜前回のバックナンバーはこちらから〜


 第---号【お金】4月の金運アイテム〜桜が引き寄せる金運 その2〜
  https://goo.gl/d1Xc4t



★【健康のタネ】4月のテーマ〜牡羊座の頭 その1〜


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
あなたの健康状態は富と成功に大きく影響します。

何故なら富と成功の源泉とは「元気」であり、健康が損なわれる
とその元気が失われるからです。

 ▼ 元気が失われると思考力も行動力も発揮できません

 ▼ 思考や行動が止まればやる気も起こりません

 ▼ そして元気の無い人は運にも見放されて行きます・・・

というわけで当健康編では我々の健康を整え、元気をフル充電し、
そのエネルギーを富と成功の実現へと注ぎ込む為のテクニックを
お伝えしていきます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


それでは4月最初の健康のタネをお届けします♪


今回のテーマは毎月恒例「健康十二宮図」です。このテーマのアイデアは腸の
話しで有名な伊藤裕先生の著書「朝日新書 腸! いい話」にある、12星座と身
体の関係を参考にしています。


これからゆっくりと一年をかけながら、毎月身体の各部位にテーマを設けてケ
アしていきますが、これを毎年繰り返す事で徐々に全身を補正し、年を取る程
元気になる事を目指します。


健康は一朝一夕でどうこうなるものではありません。だから今日お伝えする内
容を来年も再来年もお伝えし続けます。すると皆さんの頭の中には季節毎に気
にするべき健康テーマが自然と定着し、身体は総じて良い方向へと向かって行
きます。


こうした考え方は「キーパフォーマンスインジケーター」とも言いますが、全
体をいきなり良くしようとするのではなく、管理柱を複数本立て、それぞれの
柱を本来あるべき姿に近づける事で、無理なく全体を良くして行けます。


このテクニックはビジネスにおいて中長期的な事業計画を達成する時に使われ
ます。結果を求めて無理して頑張ると多大な労力を要しますが、各施策をブロ
ック単位で考え、それぞれを定量管理していれば無理せずともいつの間にか目
標へと近づいて行けます。自身の健康においてもそんな姿を狙いたいんですね。


我々の健康を管理するのは、医者でも薬でも無く自分自身です。その自立した
自己管理が出来るかどうかが富と成功をつかむ上での肝となります。自分が身
体にとっての経営者であり現場監督となりましょう§^。^§。


なおこのコラムの目的をより深く理解する為に、今回は先月記載した下記バッ
クナンバーを再掲載しますので参考にしてみて下さい。次回、今月気をつける
べき身体の部位をお伝えします。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(第1089号 物言わぬ我を知る https://goo.gl/uRCrFa )。

シリーズ全体を通して心身に対する考え方があって、それは心も体も全てが繋
がっているというものです。具体的には五行をベースに、全身の経絡を通して、
臓器と感情、筋肉と心などが全て結び付いて一つの身体が出来ている、という
考え方をお伝えしてきました。


これらを通して気付いて欲しいのは、我々の身体は普段の意識とは全く別の所
にあるもう一つの意識によって動いている事です。


我々は日々何も考えなくても生き続けられますが、それを支えるのは身体の各
臓器が各々の考えで二十四時間休むことなく、そして一切のミスをする事無く
働き続けているから生き続けられるわけですよね。


寝ている間も仕事をしている時も、背後では循環系、呼吸系、排泄系が完璧に
働いているから我々はやりたい事をやり続けられます。この凄さがいかほどか。


でも通常、多くの人はその有難さを知らず、むしろ身体を酷使しています。で、
そのほとんどが自分の表面的な意識(理性や本能)によるわがままなんですね。


暴飲暴食したり、働き過ぎて睡眠不足や運動不足になったり。更には精神的に
追い詰められたり、落ち込んだりします。すると疲労や良くない感情が生まれ、
それらの意識を痛めつけてしまいます。しかし我々がどんなに身勝手な行動を
とっても、彼らは死ぬまで受け止め続けて、仕事を全うしてくれるわけです。
とは言っても行き過ぎれば炎症や腫瘍となって訴えかけて来るわけですが。


つまりこう考えていくと、身体には二つの我が存在しています。


それは顕在意識や潜在意識とは異なるもう一つの我。


私達は手足を自由に動かせても内臓は動せません。内臓がどうやって働いてい
るのかを持ち主の自分自身が知らない訳ですが、その管理者がいるんですね。


つまりこの身体を動かしているのは表立った我々とは別にもう一人、何も物を
言わずに黙々と仕事をする我の二人であるという事。


そして物を言わない我が物を言うのは身体に負荷をかけ続けて病気になった時
です。ここで意味する負荷には肉体に物理的に与える負荷と、心配事や恐怖の
ような悪い感情によって地味に与える精神的な負荷の二つがあります。


だから毎回このシリーズでお伝えしてきたように「身体の各臓器に手をあてて
ねぎらいの言葉でも掛けてあげましょうね」というのはそれだけでも結構効き
ます。あまりやっている人はいないと思いますが、私も毎回このシリーズを
お伝えする時くらいは思い出してやっています。


我々は健康になりたいと言いつつも、自分の身体の各臓器の働きや生命維持機
能や自動修復機能に主体的には一切関われません。そこはこの「物を言わない
もう一人の我」に一切をお任せするしかありません。


だから酷使したり痛めつけるばかりでなく大事に扱いましょう。たまには肉体
面と精神面の両方に、ストレスでは無くリラックスを与える。リラックスの定
義とは暖かく、柔らかく包む事です。具体的にはお風呂につかるなどの物理的
な暖かさ、言葉を使った声がけなどの精神的な暖かさ。


健康になるコツとは、この「物言わぬ我」に気持ち良くありのまま働いて頂け
るような環境を整えてあげる事。彼にのびのび働いて貰っていれば、多少の病
も治してくれる方に働いてくれます。これが人の自然治癒力(免疫力)であり、
当然人によってその力に違いが有るわけですね。


。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°+ °。°+ °。°。°+

★ 当ブログ内容をメルマガで受け取るには?
 【無料】メルマガ 『音多秀茂の【富と成功の5つタネ】』

  お陰様で世界最大級のメルマガ配信サービスであるまぐまぐ社の”まぐま
  ぐ大賞2015”において、「スキルアップ部門」銀賞を受賞致しました!
  皆さまの日頃のご愛読に感謝申し上げます。

  ⇒詳細とご登録はこちらから


★ 【特典プレゼント】
 「あなたの人生を豊かにする35冊の必読書リスト」プレゼント中!

  ⇒特典プレゼントを入手する



スポンサードリンク
posted by 音多 秀茂(おんだ ひでしげ) at 07:37 | 健康のタネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク