スポンサードリンク

2017年11月08日

第---号【健康】11月の元気の源〜米麹から作る甘酒 その2〜

おはようございます!音多秀茂(おんだひでしげ)です。


。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°+ °。°


■ 本文前のお立ち寄り♪〜前回のバックナンバーはこちらから〜


 第---号【健康】11月の元気の源〜米麹から作る甘酒 その1〜
  https://goo.gl/f3bXKR



★【健康のタネ】11月の元気の源〜米麹から作る甘酒 その2〜


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
あなたの健康状態は富と成功に大きく影響します。

何故なら富と成功の源泉とは「元気」であり、健康が損なわれる
とその元気が失われるからです。

 ▼ 元気が失われると思考力も行動力も発揮できません

 ▼ 思考や行動が止まればやる気も起こりません

 ▼ そして元気の無い人は運にも見放されて行きます・・・

というわけで当健康編では我々の健康を整え、元気をフル充電し、
そのエネルギーを富と成功の実現へと注ぎ込む為のテクニックを
お伝えしていきます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今日も健康のタネをお届けします♪


それでは早速前回の続きから参りましょう§^。^§。


今回のテーマはシリーズ”元気の源”から、毎年お伝えしているテーマ「甘酒
の効能」についてでしたね。


前回はこの”飲む点滴”とも言われる甘酒について、米麹製と酒粕製を比較し、
その特徴の違いを見てみました。


今回はそのおさらいをしながらコストパフォーマンスを改善する為の「甘酒の
自作法」をお伝えします。



・・・

米麹製と酒粕製の甘酒。この二つは似たようで大きく異なります。


前回はその一番の違いとして酒粕製にアルコール分が含まれる事と砂糖が使わ
れているというデメリットをクロースアップしましたが、更に深く入り込むと
より違いが明確になります。


もちろん酒粕製にも食物繊維を多く含むなどのメリットがあるのですが、調理
過程や飲む時点で60度以上に加熱しますので「酵素とビタミン」が薄れてしま
うんですね。


この点米麹製は調理過程の最高温度が60度。すると生きた酵素や壊れていない
ビタミンをきっちり摂取する事が出来ます。


ここが飲む点滴の最大のメリットを受け取れるポイント。酵素とビタミンは我
々の元気を活性化する為にとても必要な栄養素です。


米麹製の甘酒に含まれる酵素成分は、デンプン分解酵素やタンパク質分解酵素
です。これらが食べたものを効率良く分解し、胃が消化で使うエネルギーが少
なくて済むので体が疲れにくくなります。


またビタミンB群は食べ物をエネルギー転換してくれます。これは細胞内のミ
トコンドリアのお仕事の活性化ですから、これぞ元気の源たる所以です。


更には、


 ▼ 麹菌やビタミン成分が皮膚を健康に保ってくれる(美肌・美髪)


 ▼ 麹酵素が腸をサポート(体力回復、ダイエット、便秘改善)


などなど二次効果も抜群です。


採り方としては食前食後に取れば、酵素が消化をサポートしてくれますし、ま
たその甘さを利用して「おやつの習慣」にも出来ます。


普段で糖質の含まれたお菓子漬けだった人には良い代替えおやつになります。
但し糖質は取り過ぎるとエネルギーとして使われない部分が全て脂肪となり体
に蓄えられてしまいますから注意が必要です。分量としては1日100ml程度、1
回おちょこ1杯程度で十分です。


☆ 甘酒の自作法


さて、習慣化にはコストパフォーマンスが重要です。この点、米麹製の甘酒は
自作する事が可能なのでグッとコストを抑えられますし作り方も簡単。


とは言っても初期投資は必要です。私の場合、発酵系は全てTANICA「のヨーグ
ルティア」頼み。これが無ければ何もできません。


TANICA ヨーグルティア
http://amzn.to/2Aro8TF



これ一台あれば発酵系はすべてお任せ。甘酒だけではなく、ヨーグルトも納豆
も簡単に作れます。コストは初期投資を除けば、1Lの甘酒を作るのに400円程
(市販品は安くて800円/L程)。1日100ml飲むなら40円です。


作り方もあまりに簡単で、準備する材料は「お米1合、水、米麹200g」だけ。


米麹は小分けでほぐれている物が良いので、その点絶対おススメなのがコチラ。


白雪印 米麹 200g×4
http://amzn.to/2At5Bqf


以上が揃ったら、お米を炊いて水と米麹を入れ、ヨーグルティアのスイッチ
を押す。すると半日後には美味しい甘酒の出来上がりです(@_@;)。


もちろん機械が無くても魔法瓶や温度計を駆使すれば作る事は出来ますし、市
販の甘酒を買うのも手っ取り早い方法ですが、毎日の食習慣に取り入れるなら
コスパを考えて自作した方が遥かに経済的だと思います。


。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°+ °。°+ °。°。°+

★ 当ブログ内容をメルマガで受け取るには?
 【無料】メルマガ 『音多秀茂の【富と成功の5つタネ】』

  お陰様で世界最大級のメルマガ配信サービスであるまぐまぐ社の”まぐま
  ぐ大賞2015”において、「スキルアップ部門」銀賞を受賞致しました!
  皆さまの日頃のご愛読に感謝申し上げます。

  ⇒詳細とご登録はこちらから


★ 【特典プレゼント】
 「あなたの人生を豊かにする35冊の必読書リスト」プレゼント中!

  ⇒特典プレゼントを入手する



スポンサードリンク
posted by 音多 秀茂(おんだ ひでしげ) at 22:02 | 健康のタネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク