スポンサードリンク

2017年10月02日

第1045号【ビジネス】そのストレスはあなたが一皮むける為にある

おはようございます!音多秀茂(おんだひでしげ)です。


。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°+ °。°


■ 本文前のお立ち寄り♪〜前回のバックナンバーはこちらから〜


 第1044号【人間関係】人間関係を堕落させるスマフォ脳
  https://goo.gl/BB5aaj



★【ビジネスのタネ】そのストレスはあなたが一皮むける為にある


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ビジネスの成功もまた、人生に富や豊かさをもたらします。

そんな成功を支えるのが日々ビジネススキルを磨く事。

しかし闇雲に専門的なスキルばかりを高めても、適材適所で活用
出来なければ宝の持ち腐れとなります。

そこで当テーマでは表面的なスキルではなく、職種を問わずに広く
使え、ビジネスに成功をもたらすスキルを紹介していきます。

あなたの出世や収入アップに繋がるよう、是非ご活用下さい。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


今日はビジネスのタネをお届けします♪


さて、本日で9月の稼働日も最終日を迎えるわけですが、個人的に今月は非常
に忙しい月でした。


スタッフが二名異動し補充も無しで、結果として私が仕事量でカバーする事に
なり、ざっくり残業100時間程度と休出4日でカバーしましたが、ちょっとした
異常値でした。


これで残業代でも貰えれば良いのですが管理職の私はその見返りも受けられず、
ちょっと悶々としています(笑)。


ただそうした気持ちの反面、こうした機会を私はとても「有難い事」と思う節
が七割くらいあります。


何故ならこうした機会によって我々は「一皮むける」事が出来るから。


しかもこんな無茶な出来事は自分で起こせず、確率的には数年に一度しかやっ
て来ない事を知っているからなんですね。


一皮むけるとはどういう事か?


例えば私の場合、上記残業休出時間をただの作業に使っていたわけではありま
せん。


目の前の現実は「スタッフ欠員補充無し、今後も三人分の仕事を一人でこなす」
という状況です。


よってただ彼らの仕事を同じようにこなしては来月以降も延々と私自身が残業
休出を繰り返さなければいけませんからね。


ですから私が行ったのはまず、


 ▼ 業務全体を見渡し業務の優先順位をつける


 ▼ 不要な業務を止め、他部署へ移管し、顧客に返して削減


 ▼ 必要な業務は効率化による工数削減


 ▼ ルーティンワークはひとまとめにして一度に片付けるよう仕組み化


といった「仕組み作り」です。


これで三人分の仕事を一人でこなす方法を作ってしまいます。多少足は出ます
がこれで来月以降の残業は半分に減り、休出は不要になるでしょう。


こういう仕事をあっさりこなしてしまうと他部署からは「じゃあ以前からその
人数で出来たんだね」と言われるので、正直対外的には大変さをアピールする
のに演技力が必要です(笑)。


ただ実際こうした「業務圧縮」を人数が余剰な状態で出来るか?と言われれば
出来ないんですよ。


何故ならそこには「危機感」が無いからです。


危機感が無ければ我々の内部欲求のひとつである「安全欲求」が作動しません。


つまり内部エネルギーが湧かず、尻に火がついたような行動は起こせません。


だから私はこうした機会を心の底から「有難い」と思えるんですよ。


こうしたストレスによって一皮向けるには、自分で高い目標設定をしてストレ
スを与える方法などもあります。しかしこうした無茶ブリに近いストレスの与
え方は局所的に外部環境からしかやってきません。


それを得られるかどうかは案外、宝くじに当たるような有難さがあります。


また我々が富と成功を持続的に拡大させる為には、常に仕事のやり方(人生の
生き方)を変化させ続ける必要もあります。


こうしたどうしようもないとストレスも、その変化のきっかけにもなってくれ
るという意味では非常に意義深い物なんですね。



。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°+ °。°+ °。°。°+

★ 当ブログ内容をメルマガで受け取るには?
 【無料】メルマガ 『音多秀茂の【富と成功の5つタネ】』

  お陰様で世界最大級のメルマガ配信サービスであるまぐまぐ社の”まぐま
  ぐ大賞2015”において、「スキルアップ部門」銀賞を受賞致しました!
  皆さまの日頃のご愛読に感謝申し上げます。

  ⇒詳細とご登録はこちらから


★ 【特典プレゼント】
 「あなたの人生を豊かにする35冊の必読書リスト」プレゼント中!

  ⇒特典プレゼントを入手する


スポンサードリンク
posted by 音多 秀茂(おんだ ひでしげ) at 07:38 | ビジネスのタネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク