スポンサードリンク

2014年04月25日

第298回 【健康】人間の基本欲求(睡眠欲)に勝つ方法

おはようございます!音多秀茂(おんだひでしげ)です。


。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°+ °。°


★【健康のタネ】人間の基本欲求(睡眠欲)に勝つ方法


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
サラリーマンの成功と健康には大きな関係があります。

 ▼ 健康がボロボロになると感情に悪影響が出ます

 ▼ そして良くない感情は思考に悪影響を与えます

思考に与えた悪影響はそのまま脳の状態を悪くします。

サラリーマンの思考が駄目になると良いアイデアや提案が出てきません。
やる気や行動力に影響し、稼ぐ力や成功にも大きく影響します。

健康のタネではそんなサラリーマンの健康を整えるテクニックをビジネススキ
ルの応用と共にお伝えしていきます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


この時期特有の眠気やダルさを吹き飛ばし、ビジネスパフォーマンスを落とさ
ない為のテクニックの続きからです。


気付けばこのシリーズも4回目・・・今日は最終回です。


一度眠気に襲われると大変。眠気は人間の基本欲求の一つですからこれに気合
で勝つことは不可能。


何故不可能かというと、眠気は人間の自律神経の働きによって引き起こされて
いるからです。”神経の働き”を”気合い”で何とかするのは不可能。


ここまで、お伝えしたように、暫定策として”ツボ押し”や”カフェイン摂取
”を使う方法もあります。しかし「対症療法」に過ぎず、弱い。


とすれば予め自律神経をコントロールし、眠気に襲われないように予防してお
くことが重要です。


前回お伝えしたように、春先に眠くなるのは、交感神経が休み、副交感神経が
優位に働く為です。この季節の変わり目にこのアンバランス状態になることが
分かっていれば予め対策の立てようがあります。



☆ 冬の間から準備すること


気温の変化が原因なので、冬の間から擬似的に同じ温度変化を体に馴染ませれ
ば良いのです。


その為には冬に体を冷やさない事。そしてお風呂・温泉・サウナなどで、体の
な温度調節機能を強化させておくことです。



寒い時はお風呂で体を暖めることがあると思いますが、暖かくなってくるとそ
の回数が減りませんか?


そうではなく、暖かくなってきた時こそお風呂で体を温める回数を増やすんで
す。


意図的に気温の変化以上の温度変化をつけることで、体の恒温性が強化され、
自立神経のバランスが早く正常化します。



☆ 栄養面で気をつけること


これは自律神経の働きからズレますが、暖かくなると、内臓などの器官の動き
が活発になり、急にカロリーを消費するようになります。


カロリーを消費する時、糖質や脂質をエネルギー変換する為の媒体として「ビ
タミンB群」が消費されます。


急激にビタミンB群が消費されると、春先特有の眠気や、だるさに繋がりやす
くなります。


よって、自分の活動量が増えてきていると感じたら、ビタミンB群が豊富に含
まれる食べ物を積極的に取るようにします。


(納豆や豆腐などの大豆食品。玄米、豚肉、ゴマなど。もしくはサプリメント
で補う)



☆ 食欲に気をつけること


日照時間が急激に増え、新陳代謝が活発になり、活動量が増えると当然お腹が
空きます。


ここで食欲に身を任せてしまうと、睡眠欲に引き続いて”人間の基本欲求”に
支配され悪循環に陥ります。


食べ過ぎるほど、大量のエネルギーが胃に取られ、眠気やダルさを引き起こす
原因になりますから、食事の管理をキチンとし、食べ過ぎないように制限する
ことが大事です。



さて、この時期特有の眠気やダルさを吹き飛ばすシリーズもこれで終了です。


今回は私自身「この眠気なんとかならないのかなぁ」と思った事がきっかけで
色々と調べてみました。


単なる眠気でも、惰眠を貪ると生命に危険が出たり、自律神経の働きが絡んで
いたりと侮れないものでした。


お伝えしたいのは、どんな症状にも「真の原因」があるということです。


眠いからといってコーヒーをがぶ飲みしたり栄養ドリンクの大量摂取などの
「対症療法」は一時しのぎに過ぎないし、副作用があります。


なので、真の原因をクリアにする為の「根本治療」は何ができるのか、という
点に是非目を向ける習慣をつけて欲しいと思います。



◆編集後記 今日のお薦めサイト◆◇
<ご購入の際は自己責任にてお願いします>


試してよかった!「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法。【全額
返金保証付】

http://www.infotop.jp/click.php?aid=246694&iid=58762


単なる眠気でも、体調の変化に目を向けると色々な事が複合的に絡んでいるこ
とが分かって気ます。


特に、自律神経をコントロールするのは今日お伝えしたように意思して改善出
来ることもありますが、骨盤や背骨、首の骨、腰の位置などが物理的に歪んで
いる場合、但しい矯正を受ける必要があります。


また自律神経の不安定さは、うつ病などの「精神障害」、原因不明の頭痛、め
まい、胃痛などの「不定愁訴」の危険も潜んでいます。


それらを根本から改善するものとして、こちらの商品は「結果が全て」と「全
額返金保証」を強調しているので、興味があれば是非試してみることをおスス
メします。


試してよかった!「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法。【全額
返金保証付】

http://www.infotop.jp/click.php?aid=246694&iid=58762




★新メルマガ「音多秀茂の【富と成功の5つのタネ】」創刊しました!

人生に富と成功をもたらすスキルを無料提供中!!
無料メルマガの登録はこちらです!



本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

この瞬間にこのブログを読んでいるあなたが世界で一番幸せになることを
心よりお祈りしております。
スポンサードリンク
posted by 音多 秀茂(おんだ ひでしげ) at 08:02 | 健康のタネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク