スポンサードリンク

2013年12月25日

第194回 一発芸は必要無い

おはようございます!超幸運サラリーマンの音多 秀茂(おんだ ひでしげ)です。


前回に続き、笑いの力をビジネスに応用する話しの続編です。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
サラリーマンの成功確率を高めるものの一つにビジネススキルがあります。

但し!闇雲にスキルを高めても、そのスキルを有効に使えなければ宝の
持ち腐れです。さらに取得に要した時間まで無駄にすることに・・・。

このビジネススキル編では、表面的なスキルではなく、職種を問わずに
広く使えるものをご紹介していきます。

そしてそのスキルを使い、どうすればビジネスでの成功(=収入アップ(出世))
に結び付けられるのかについて、ヒントを提供していきます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



前回は、人を笑わせる方法のうち、最初に選択するべきは
「ネタによるもの」と「日常会話によるもの」だという結論で閉じました。


今回は、その他の笑いに時間を割かれないよう、他の笑いの取り方を
選ばない理由を説明します。


◆キャラを使った笑いを後回しにする理由


これについては以前以下のように説明しました。


” キャラを変更するというのは、血液型を無理矢理OからABに変えるような
ものですよ。もしくは男なのにオカマキャラを演じるようなものです(笑)。
そう、演じているから無理なのです。演技では長続きしません。 ”


芸能人でさえ、キャラを演じて持つのは1年が限界でしょう。一発屋
で消えるか、長続きしても息苦しくなり、”脱キャラ宣言”とかする始末。。

言いたいことは、レベルが高いから後回しにしましょう、ということです。



◆一発芸・アクション・リアクションを使った笑いを後回しにする理由


選りすぐりのお笑い芸人でも、一発芸を毎回当てられる人なんてほんの
一握りです。


そもそも、我々が普段いる日常生活と、テレビの中では空気が全く異なり
ます。特に一発芸はTPOを気にする必要がある為、日常生活で繰り出しても、
寒いだけだったりします。

要するに、これもレベルが高いから後回しです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



人を笑わせる技術で、あなたが選択するべき方法は、


お笑いのセンスに自信をもっていなくても、誰でもすぐに出来るもの
である必要があると思います。


日常生活で一発芸をかます場面なんてありません。


だって、あなたが日常的に笑いのスキルを使う場面というのは、


仕事でなら・・・


 ▼ 隣の席の人との世間話

 ▼ お客さんと定期訪問時の前フリとして

 ▼ 飛び込み訪問時の前フリとして

 ▼ 交渉中の流れを変える手段として

 ▼ 交渉中に間を持たせる手段として


私生活なら・・・


 ▼ 家族内の食事の時間など

 ▼ 彼女とドライブ中の会話

 ▼ ディズニーランドで乗り物待ちの時間

 ▼ 人気のラーメン屋で行列に並んでいる間の会話


などですよね!?


こういう一日のほとんどを占める時間帯を想定して、笑いのスキルを
身につけるとすれば、一発芸を頑張って見につけるよりも、「ネタ」や
「日常会話」で笑いを取ったり会話を盛り上げるスキルの方がはるかに
簡単で重要だということがご理解いただけるでしょう。


次回は、具体的なトレーニング方法のお話しです。


本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

この瞬間にこのブログを読んでいるあなたが世界で一番幸せになることを
心よりお祈りしております。
スポンサードリンク
posted by 音多 秀茂(おんだ ひでしげ) at 04:51 | ビジネスのタネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク