スポンサードリンク

2013年12月06日

第181回 ビジネススキルを得る2つの極意

おはようございます!超幸運サラリーマンの音多 秀茂(おんだ ひでしげ)です。


前回に引き続き、 ”ビジネススキル編” のお話しをどうぞ〜。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
サラリーマンの成功確率を高めるものの一つにビジネススキルがあります。

但し!闇雲にスキルを高めても、そのスキルを有効に使えなければ宝の
持ち腐れです。さらに取得に要した時間まで無駄にすることに・・・。

このビジネススキル編では、表面的なスキルではなく、職種を問わずに
広く使えるものをご紹介していきます。

そしてそのスキルを使い、どうすればビジネスでの成功(=収入アップ(出世))
に結び付けられるのかについて、ヒントを提供していきます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



はい、早速始めましょう!


前回は、「ビジネススキルを身につけるときに、ノウハウコレクターになって
はいけません」 というお話しでした。


では、どうすれば身につけたスキルを生かし、ビジネスの成功に結び付け
られるのでしょうか。


これ、コツは二つです。


一つ目は前回の話にさらりと出てきた内容ですが、


 ◆ 得たスキルを使って何をするのか、という目的を予め
   抱き併せておくこと




当たり前のことのようですが、何かをはじめる時って意外と感情で動くこと
が多いので、この ”目的” が無い場合が多いんです。


あなたが今、何か継続して勉強していることがあったらこれを再確認
しましょう。そして、あなたが人生の貴重な時間を使って継続することに
値するのかどうかをチェックしてみて下さい。



そして、二つ目ですが、


 ◆ ”アウトプット”


です。


もしあなたが、ビジネススキルを得る為に行なっている努力を、他人に
見せていないのであれば、それをどんどん見せるようにしましょう。


勉強している時間というのはインプット、すなわち知識や技術を自分の
中に取り込んでいる時間です。


語学の勉強で例えると、


 ▼ 単語を暗記している時間

 
 ▼ 文法を理解している時間


 ▼ 英語の音声をヒアリングしている時間


のことですね。


これに対してアウトプットというのは、


 ▼ 覚えた英語を使って、実際に英語圏の人と話しをする


ことですよね。



インプットとアウトプットの割合は五分五分が理想ですが、アウトプットは
機会が見つからないと出来ないことも多いので、1日1分でも30秒でもいい
ので、アウトプットする機会を勉強の中に組み込みましょう。


とにかく、あなたが完璧に出来るようになるまで待たないで下さい。
今すぐ、今出せるレベルのアウトプットで良いので、出してください。


以上、ノウハウコレクターにならない為のコツでした。



本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

この瞬間にこのブログを読んでいるあなたが世界で一番幸せになることを
心よりお祈りしております。
スポンサードリンク
posted by 音多 秀茂(おんだ ひでしげ) at 09:10 | ビジネスのタネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク