スポンサードリンク

2013年04月26日

第29回 海外生活に一瞬で慣れる方法 その3

こんにちは、音多 秀茂(おんだ ひでしげ)です。

◆ 今日の前フリ ◆◇

おぉ~!30回まであと1回ですね。

がんばります!

いよいよ明日からGW突入ですね。

このブログも土日祝日はお休みに

なりますので、宜しくお願い致します。



海外生活に一瞬で慣れる方法 その3


海外になれる方法3回目です。

昨日はコミュニケーションの壁にぶつかる前

の衝撃について書きました。


今日は壁にぶつかった

後のお話です。




実際にコミュニケーションの壁にぶつかって

ことの大きさに気付きます。


なぜならば、その壁は言葉だけ

では乗り越えられない問題だと知るからです。


どういうことかというと、

現地の人とコミュニケーションを

取るということは、


 ●言葉のスキルが50%で、

 ●残りの50%は”人付き合い”


という当たり前のことに気づくのです。


現地で、人の目を見て、微笑み合って

初めて気づくのです。



これに気付いた後、受け取り方によって

2パターンに別れると思います。


 ●ポジティブに受け取ると
   ・・・言葉のスキルはそんなに重要じゃない
      結局人と人でしょ!肩ひじ張らずにいこうぜ!


 ●ネガティブに受け取ると
   ・・・言葉のスキルが100%になっても
     コミュニケーションは半分しか取れないのか。
     ならば、言葉の勉強と同時にできるだけ
     現地の友達を増やすよう心がけよう


ここでのポジティブ、ネガティブは、

物事の良し悪しではなく、思考パターン

の違いです。


別に海外でなくても、見知らぬ

土地へ転勤、引っ越しをして、地元の

人と仲良くなろうと思ったら、

ある程度、その地元の情報について

詳しく無ければ話が出来ませんよね?


むしろ、方言ができなくても、

色々情報に詳しくなれば世間話にも

花が咲きます。


逆に、そのあたりが手薄なうちは

いきなりグループで飲みに行っても

会話に取り残されるだけだと思います。



海外ではそれがさらに過酷になって、

言葉が出来るようにならないといけない上に、

地元の地理、普段のテレビのドラマや

ニュース、背景となる文化、宗教など

が、ある程度理解できないと、日常会話

が成り立たないのです。



そのことに到着してすぐに気付かされた

わけです。



すでに空港の便器のでかさに

さえショックを受るほど神経過敏に

なっているのに、その時私は、


なんだ、この仕打ちは!

なんで俺だけこんな目に!


と私は思わずにはいられませんでした。




続きは次回へ。



★〓今日のお薦めサイト〓☆
<ご購入の際は自己責任にてお願いします>


【英語ぺらぺら君初級編】 米国大統領の元通訳が教える英会話学習法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=246694&iid=36090


まぁ後々お話しますが、海外生活に慣れる為の

優先順位の一番目は、語学に他なりません。

あの、自分の言いたいことが言えない

もどかしさは実際に海外に身を置かないと

分かりませんからね。

まずはこの作者の教材、初級編の紹介です。

この方は後天的に語学を習得し、2か国語以上

を話し、なお且つ国際結婚をしています。

こういう経験者のノウハウは、非常に実践的で

すぐに使えるものと考えて間違い無いです。



本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

これから私の出会う全ての人たちが最高に豊かで
幸せになることを心よりお祈りしております。

音多 秀茂(おんだ ひでしげ)

スポンサードリンク
posted by 音多 秀茂(おんだ ひでしげ) at 22:19 | ビジネスのタネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク