スポンサードリンク

2013年04月25日

第28回 海外生活に一瞬で慣れる方法 その2

こんにちは、音多 秀茂(おんだ ひでしげ)です。

◆ 今日の前フリ ◆◇

今日は久しぶりの電車での出張でした。

行きは空いていましたが、帰りは帰宅

ラッシュの時間帯。ここで例のおまじない

発動!です。

※分からない方は、

「第16回 正しい願い方 基本編」
http://kyokasho.seesaa.net/article/353031160.html

をご覧あれ。


事前におまじないはかけておきましたが、

さすがに満員電車、はじめは立ちました。

しかし、一駅目で私の前に座っていた女性

だけが降り、私だけが無事に座ることに

成功しました。

分かっていても、私の前だけすっぽり

席が空いた光景にはさすがにびっくりしました。

どうやら日ごろのトレーニングのおかげで

技の切れ味が増しているようです。



☆海外生活に一瞬で慣れる方法 その2




大抵の海外に2週間で慣れる私ですが、

本当に、初めて海外で生活した時は、

慣れるまでに生活面で2ヶ月、仕事面で

は6ヶ月ほど時間がかかりました。



初めての海外経験はアメリカでした。

それまで、海外旅行の経験はゼロです。

成田から向こうのロス空港に着くだけで

くたくたになってしまいましたが、さらに

そこからジェットコースターのように

カルチャーショックのオンパレードが

目に飛び込んできました。


 ▼空港の警備員がでかい!これが外人か!

 ▼空港のトイレの便器がでかい!

 ▼1月なのに暖かい!これが南国か!

 ▼車が右側走ってる!道路標識が日本とちがう!

 ▼風呂の水の出し方がわからない!

 ▼洗濯機の使い方が分からない!


などなど



特にそれまで自炊生活していた自分が、

洗濯機の使い方も水の出し方も分からない、

(要するに海外製で、表示も英語なので意味不明)

ということに、社会人の自分が今更

何も出来ない子供になったような感覚でした。



国際免許は取ってありましたが、

右側通行で、標識も見たことが無い

ので、運転もできるのか!?という

感じでしたし、かといって公共交通機関

のバスや電車の乗り方も、切符の買い方

も分からない・・・。

行動の自由を奪われたも同然でした。



そして、極めつけは現地の人と話す際に、

何を言っているのか分からない!

という”コミュニケーションの壁” でした。



続きは次回へ。



★〓今日のお薦めサイト〓☆
<ご購入の際は自己責任にてお願いします>


【英語ぺらぺら君初級編】 米国大統領の元通訳が教える英会話学習法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=246694&iid=36090


まぁ後々お話しますが、海外生活に慣れる為の

優先順位の一番目は、語学に他なりません。

あの、自分の言いたいことが言えない

もどかしさは実際に海外に身を置かないと

分かりませんからね。

まずはこの作者の教材、初級編の紹介です。

この方は後天的に語学を習得し、2か国語以上

を話し、なお且つ国際結婚をしています。

こういう経験者のノウハウは、非常に実践的で

すぐに使えるものと考えて間違い無いです。



本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

これから私の出会う全ての人たちが最高に豊かで
幸せになることを心よりお祈りしております。

音多 秀茂(おんだ ひでしげ)
スポンサードリンク
posted by 音多 秀茂(おんだ ひでしげ) at 20:39 | ビジネスのタネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク